『戦略営農Navi』は、農家のために活動する営農担当者をサポートするシステムです。 営農担当者の現場の声を聞き、必要な機能や項目をシステム化したものです。

※農協様にてお聞きした意見をまとめてみました。

現在の農業がおかれている状況とは…

・日本における農家の変化

高齢化社会 ⇨ 農業に携わる人の高齢化(継承の問題)

人口減(農家数の減少)、その一方で大規模な農家(農業法人)が増加

・販路の多様化

農業生産物の販売ルートが多様化している

農業資材の購入量ルートが多様化している

地域にどのようなことを求められてるとお考えですか?

・「農業振興」や「地域社会への貢献」

地域に根差した農協としての存在意義を発揮すること

・地域の共同組合

組合員の多様なニーズに応えていくこと

どんな農協にしていきたいとお考えですか?

・総合農協としての力

営農、経済、信用、共済の各事業の垣根を超えた総合力で対応していくこと

・農家との良好な関係を築く

営農、経済を中心とした「出向く活動」を活性化していくこと

農家の収入と満足度のアップを目指していくこと

そのために重要なのは…

農家情報の

蓄積・共有・活用!!

担い手担当者支援システム
『戦略営農Navi』
で問題解決!!

戦略営農Naviを導入すると…

出向く活動

農家の訪問活動を行うことで得た情報から、個々のニーズを明確にし、ニーズに応えることで農家からの信頼を得る。また、信頼関係を築くことにより、情報収集がしやすくなる。

蓄積

訪問活動で得た情報や日々の活動情報を蓄積することで、基本的なデータだけでは読み取れない情報を農家台帳に持たせることができる

共有

活動情報や農家が抱える課題等を共有することにより、活動に対するアドバイスや評価ができる。また、人事異動時の引き継ぎをスムーズに行うことができる

活用

ベテラン職員の過去事例を参考に活動することができる。また、他部門にも情報共有することにより、営農部門外の提案をすることができる

蓄積した情報を集計することにより、データが数値化され、活動の見直しや分析することができる

「出向く活動」「蓄積」「共有」「活用」を繰り返していくことで、農家に合わせた営農指導・農業経営の提案に役立て、


農家の「収入」「満足度」アップ

地域の農業と人々を支える農協を応援しています。

『戦略営農Navi』を導入いただいたお客様の声をご紹介します

JAぎふ様

『戦略営農Navi』のデモや資料請求をご希望のお客様はこちらまでお問合せください。